ハナコ岡部大が結婚!芸人俳優としてドラマでも演技が絶賛!

トリオ芸人

「ハナコ」は、「2018キングオブコント」に優勝し、第11代王者に輝いた実力派の若手お笑いトリオです。
メンバーは、リーダーの岡部大(おかべだい)さんと秋山寛貴(あきやまひろき)さんと菊田竜大(きくたたつひろ)さんで、2014年に結成されました。所属はワタナベエンターテインメントです。

2018年のキングオブコントに出場した時には、まだほぼ無名状態だったハナコ。





大接戦となった予選をぎりぎり3位で通過したハナコでしたが、決勝では特に力を見せつけ,みごと優勝を手にしました!

この優勝のカギとなったのはリーダーの岡部さんの演技力がものを言ったと思いました。

今回は、その岡部大さんについて、「結婚情報」や、コントにとどまらず今やドラマでも存在感を見せている「演技力」についてリサーチします!





ハナコ岡部大の出身大学は? ネタは岡部と秋山が作る

岡部 大(おかべ だい)1989年5月30日生まれ(31歳)秋田県出身

ハナコのコントでは主に大ボケを担当

早稲田大学スポーツ科学部卒業

大学在学中に、ワタナベエンターテインメント系のタレント養成スクール「ワタナベコメディスクール」(WCS)へ特待生として入学します!

特待生扱いになったのは、岡部さんの高校時代の同級生・中山洋介さんとお笑いコンビ「エガラモガラ」を組み、ワタナベエンターテインメント主催の「笑学祭」で優勝したことがきっかけだそうです。

WCSの同期の中でもバツグンに面白い存在として有名だった岡部さんは、その後、お笑いの方向性の違いからエガラモガラを解散します。

そして、2014年に秋山さんと菊田さんのコンビ「ウエストミンスター」に合流し、トリオ名を「ハナコ」に改名して現在のスタイルとなりました。

ハナコ結成4年で、キングオブコント王者になるというのは相当実力を持っている証拠と言えるのではないでしょうか。

ちなみに、ハナコのコントネタを作っているのは、岡部さんと秋山さんの二人です。

ハナコのコントネタは、シチュエーションコントと呼ばれるもので、設定されたシチュエーションの中で、コントをして笑いを取るスタイルです。

例えば、塾の講師とかラーメン屋の新人店員などの設定を決めて、その人物になりきってコントをしています。岡部さんが、人物になりきって演ずるのが半端なく面白いんですよね!





ハナコのコントは、岡部さんと秋山さんのやり取りが中心で、菊田さんがわずかに登場するというパターンが多く、もはやコンビでいいんじゃないかと思うくらいなのも特徴です。(あ、また菊田さんほぼ出ないわー、とそこもある意味面白いです)



ハナコ岡部大がついに結婚!メンバー3人とも既婚者に

岡部さんは、今まであまり自分の彼女についての話題は、避けているところがありましたが、2020年1月放送のゴットタンでは、ついに自ら彼女がいることを明かしました!

そして、2021年3月22日、この彼女との結婚が発表されました!


いやぁ、とってもおめでたいですね!!

岡部さんは早稲田大学時代のお笑いサークルの後輩の彼女と約10年間交際し、じっくりと愛をはぐくんだ末のゴールインです。岡部さんは、早大のサークルお笑い工房『LUDO』の11期生で、結婚相手のAさんが13期生だったようです。22日には都内の区役所に二人そろって出向き、婚姻届けを提出しました。

また、岡部さんは所属事務所のワタナベエンターテインメントを通して「笑いのたえない家庭を目指しながら、より一層皆様にも笑いをお届けできるように精進致します!どうぞ宜しくお願いいたします」とコメントしています。

岡部さんは、以前から長く付き合っているけど、倦怠期(けんたいき)などは全くなくラブラブな生活を送っていると話していたので、この二人なら幸せな家庭を築いていけそうですね。

ちなみにハナコは最初にまず菊田さんが2019年の四月にお笑いコンビ「ハルカラ」の和泉杏(いずみきょう)さんと結婚しました。

続いて、2020年10月に秋山さんが一般女性と結婚し、その5か月後に秋山さんも続いたという形となりました。

2021年はハナコにとって、仕事の面でもさらに充実していくと良いですね!




ハナコ岡部大は、ドラマでも演技力を発揮!朝ドラ「エール」に「私の家政婦ナギサさん」でも好演!

岡部さんは、演技力が幅広いことを生かしてコントでもさまざまな人物や時には犬にまで扮(ふん)して、なりきっています。

この演技力が買われ、ドラマ界からもオファーが次々と舞い込んでいます。

2020年度前期に放送されたNHKの朝ドラ「エール」では、純朴で、実直な青年「五郎」を演じました。この「エール」が、岡部さんにとって初のドラマ出演でしたが、田舎育ちの心優しい青年役を好演し、話題となりました。

そして、2020年7月スタートの「私の家政婦ナギサさん」にも出演。こちらは最初は、撮影が始まるまでは「ドッキリ」なんじゃないかと思っていたそうです。

岡部さんの役どころは、多部未華子さん扮する主役のメイが働いている製薬会社の同僚で、MRのチームのメンバー・堀江耕助(ほりえこうすけ)です。

ひょうきんで、憎めない存在の堀江は、バリキャリなメイのことを「さすがー」などと冷やかしつつ、内心は、焦りを感じているというキャラクターです。

この役でも、岡部さんは、自然な演技を見せていて、プロの役者さんたちに交じっての演技でも、そん色がないのを感じました!

今どきの俳優さんたちは、美形で小顔、すらりとした体型の人が多いです。

その中で岡部さんのような、昔の日本男児を思わせるような男くささと、純朴なかわいらしさのあるタイプは珍しいので、演技力だけでなくビジュアル面でも、今後重宝されていきそうな気配がします。

芸人俳優としては、同じ事務所に原田泰造(はらだたいぞう)さんがいますので、岡部さんも原田さんに負けないくらい、俳優としても大活躍してもらいたいです。

今回は、ハナコのリーダー・岡部大さんの出身大学やネタのこと、気になる彼女の話やドラマ出演の話題をお届けしましたー!




コメント

タイトルとURLをコピーしました